草津温泉のジップラインはどこで楽しめる?天狗山プレーゾーンって何??

なりゆき街道旅草津温泉付近
ジップラインを楽しんでいたので、
めちゃくちゃ気になったんですよね。

調べてみたら草津温泉スキー場やら
天狗山プレイゾーンやら、
いろんな情報が出てきて
「何個もあるのかしら??」
とか思ってしまいました。

実際は草津温泉付近の
ジップラインは1つ
です!

今日は草津温泉のジップラインについて
施設の名前や場所、
その施設でできることなど
詳しく調べてまとめてみましたよ。

スポンサーリンク

草津温泉のジップラインはスキー場にある!

さて、草津温泉付近のジップラインですが、
草津温泉スキー場
天狗山ゲレンデに位置しています。

天狗山ゲレンデにあるためか
ジップライン周辺のエリアを
天狗山プレイゾーンと名付けたようですね。

なので、ジップラインは
草津温泉スキー場の

天狗山プレイゾーンにある
ということになります。

 

天狗山プレイゾーンの営業期間

天狗山プレイゾーンは、
草津温泉スキー場の
雪がない季節に楽しめるエリア
です。

営業期間はおおむね、
ゴールデンウィークから11月の初めまで。
雪が解けてから雪が降り始めるまでの期間です。
雪のシーズンにはスキー場になるのでしょうね。

荒天時は営業期間内でも
営業を見合わせることがあるので
雨の時は問い合わせてから
訪れるのがいいと思います。

 

 

天狗山プレイゾーンでできること

結構いろいろ楽しめますよー!!

 

ジップライン

BanZip TENGU(バンジップ テング)
という名のジップライン。

上の動画中にあるように、
夜のゲレンデでのジップラインなんて
すごくきれいでしょうね!
…寒いだろうけど。

 

天狗山プレイゾーンの中で
ジップラインだけは
通年営業
しています。

安定感のありそうなハーネスなので、
スリリングな思いはあまりせず、
気持ちよく
景色を楽しみながら乗れそうな気がしますね。

全長は500m、
高低差は約100mで
最高速度は70kmにもなります。

大人2,000円、
小学生は1,200円です。

 

高さ10mのブランコ

SKY SWING(スカイウィング)
名付けられたおっきいブランコ
私の想像より幅が大きく、ペアで楽しめる乗り物。

ハイジブランコを想像してたわ。

でも乗り場の下はガクッと高低差があるので
前に行くときはスリリングだわね。

大人600円、子供500円です。

 

マウンテンカート

天狗山プレイゾーンで一番人気なのが
マウンテンカートです。
リフト代込みで1時間2,000円

親子で楽しめるのがいいんじゃないかしら。

 

マウンテンボード

ほう…私、これ初めて見ました!
冬、スノーボードをする人は
これに乗りたくなるかもしれませんね!

これもリフト代込みで1時間2,000円です。

 

グラススキー

ボード派もスキー派も楽しめるよう、
グラススキーもあります。

これもリフト代込みで1時間2,000円です。

 

その他

できることがたくさんあるので
列記すると…

  • キックボード
  • パターゴルフ
  • マレットゴルフ
  • テニス
  • ミニアスレチック
  • ドッグラン
  • トランポリン
  • キッズパーク

ペット連れでも
おじいちゃまやおばあちゃまでも、
小さいお子様でも
家族みんなで楽しめそうなものが
充実していますね。

 

まとめ

なりゆき街道旅に出ていた
草津温泉付近のジップライン
草津温泉スキー場にある
BanZip TENGU(バンジップ テング)
です。

スキー場の天狗山プレイゾーンにあり、
ジップラインは通年営業しています。

 

草津温泉スキー場の天狗山ゲレンデ
雪のない季節には
天狗山プレイゾーンとなり、
雪のない季節に楽しめる様々なアクティビティーが
充実した施設です。

通年営業のジップラインをはじめ、
降雪時期以外の営業期間には
大きいブランコ
マウンテンカート、マウンテンボード
グラススキーのほか
パターゴルフテニス、
アスレチックなどもあり、
老若男女楽しめる場所になっています。

草津温泉に旅行に行った際は
ぜひ立ち寄りたいと思います!

冬はスノーアクティビティ、
夏は天狗山プレイゾーンで
様々なアクティビティを
楽しめること間違いなしですね。

天狗山プレイゾーンのHP
こちらです。

ここまでご覧いただきましてありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他旅行
スポンサーリンク
TAPUをフォローする
ぼんじょるの!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました